鹿児島中央駅近くの歯医者さん

〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町1-1/鹿児島中央駅徒歩6分

駐車場は、隣接するエディオン駐車場をフリースペースOK!

駐車場、駐輪場に関する情報はココをクリック!!

診療時間
10:00~14:00 ×
16:00~20:00 ×

△:10:00~17:00/休診日:日曜、祝日

※令和2年4月より木曜日も診療

※各種クレジットカード使用可

※デンタルローン(分割払い制度)あり

※AED設置歯科医院

ご予約・お問合せはこちら

099-813-7897

歯科医院と患者さんの
ミスマッチを避けるために

鹿児島市鹿児島中央駅近くの予防の歯医者さんでお馴染みのななつ星歯科です。

皆さんは、歯医者さんに行ったとき、

ここはすぐちゃちゃとしてくれたな、

ここは治療に入るまでに何回も通ったな、とそれぞれの歯科医院で方針が違うことに気づいたことはあるでしょうか?

歯科医院には、それぞれ理念があります。

チャチャっとしてくれるところは、患者さんの利便性を重視していますし、

治療がなかなか進まないところは、患者さんの歯の治療の正確性を重視しており、将来性を考えています。

この場合、患者さんが何を求めているかで、良い歯医者にもなるし、クレームにもなります。

例えば、Aさんは、銀歯が外れたので、歯科医院に行きました。

Aさんは、忙しいので、この銀歯をつけてくれと頼みました。

しかし、歯科医院では、この銀歯をつけることあできない、銀歯が古く、つけるリスクが高いのでつけれないと言われました。

しかたなく、Aさんは、他の歯医者さんに行きました。

他の歯医者さんでは、つけてほしいのなら、つけましょう!と、初診の時につけてくれました。

Aさんは、いろいろな人に、最初の歯医者さんは、融通が利かず、何回も通わせようとしたとクレームを言いました。

よく聞く話です。

さて、Aさんはどうなったでしょうか?

2年後、Aさんは、その銀歯の中が虫歯になり、神経が死んでおり、歯が腐り、歯を抜かなければならないことになりました。

なぜか?

そもそもなぜ銀歯は取れたのでしょうか?

なぜ最初の歯医者さんは取れた銀歯を付けないと言ったのでしょうか?

なぜ、2番目の歯医者さんは銀歯をつけたのでしょうか?

まず、銀歯は劣化します。銀歯と歯の隙間ができて、合いが悪くなったから取れました。

合ってない銀歯をまた付けたらどうなりますか?ということです。

最初の歯医者は、このことを知っています。

そして、つけないことで、クレームになることもわかっていましたが、信念に従って、その銀歯をつけることは許されないことであるので、つけなかったのです。

次の歯科医院でも、その銀歯をつけなおすことが、歯に悪いことは、知っています。しかし、クレームになるのが嫌なので、つけました。

あなたは、どちらの歯医者さんで診てもらいたいでしょうか?

治療に入る前にする歯石取り

患者さんにとっては、

むし歯があるのなら、すぐに治療したい!

そう思うと思います。

しかし、歯医者さんでは、なかなか治療してくれません。

なぜか?

そのほうが、治療の精度が上がるからです。

どういう意味かというと、

歯を埋める材料は、ほぼすべての材料で、水分があると、歯と材料のくっつきが悪くなります。

水分とは、歯垢や腫れた歯ぐきからでる体の液、唾液、血液などです。

初診時、大体の患者さんは、歯石が付いているので歯ぐきが腫れていたり、歯垢が付いています。

なので、その状態で治療を行うと、一応はくっついたように見えますが、歯垢があるところや、血が付いたところはくっついておらず、隙間ができています。

なので、数年後、歯と詰め物の境目が虫歯になる、すぐ取れた、などの害がおきるのです。

治療して、2年くらいして歯医者さんにまたいくと、また虫歯になっていますねーと言われてまた治療する。

この繰り返しになるのは、そのためです。

そもそも、バイオフィルムと言われる細菌の塊の活動性が、めちゃ高い時に虫歯になるので、むし歯の治療をしたというときは、

バイオフィルムの活動性が高いということなので、当然、またすぐ虫歯になります。

一方で、初期治療と呼ばれる、歯石取りやブラッシング指導した後に治療すると、

歯ぐきや歯の状態、唾液の状態が非常に良いので、びっちりときちんと埋めることができるので、再発しにくくなります。

なので、初診時やすぐには治療しないのです。

 

結論:このような考えの人は、
ななつ星歯科に来ても、合わないと感じるだけです

・その歯だけを治療したい

・今日、すぐに治療を終わらせてほしい

・歯石取りなどはしたくない

・何回も呼ばれるのは、しんどい

・歯ブラシ指導はされたくない

・定期的に歯医者さんに通う気はない

・予防をする気はない

・今日だけしか来ない

このような考えの患者様は、ななつ星歯科に来ても、無駄だったなと感じると思います。

ななつ星歯科では、患者様が100歳になったとき、歯のことで悩まないでおいしく何でも食べれることを理念として掲げています。

その場だけで良いという治療は、その理念に背くためしません。

ななつ星歯科は、かかりつけの歯医者さんとして、

ずっと自分の歯を守ってほしい、何歳になってもなんでもおいしく食べたい、

そのために予防したいという患者様をこころから応援します。