鹿児島中央駅近くの歯医者さん

〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町1-1/鹿児島中央駅徒歩6分

駐車場は、隣接するエディオン駐車場をフリースペースOK!

駐車場、駐輪場に関する情報はココをクリック!!

診療時間
10:00~14:00 × ×
16:00~20:00 × ×

△:10:00~17:00/休診日:木曜、日曜、祝日

※祝日のある週の木曜日は診療

※各種クレジットカード使用可(条件あり)

※デンタルローン(分割払い制度)あり

※AED設置歯科医院

ご予約・お問合せはこちら

099-813-7897

当院の虫歯治療

当院では、痛みや不快感を軽減した治療をご提供。また患者さまの歯を長持ちさせるため、なるべく削らない治療を行っています。

痛みや不快感の少ない治療

「歯医者の治療は痛い」というイメージを持つ方は多いでしょう。当院ではそうした患者さまにも気兼ねなく通っていただきたいとの思いから、痛みを軽減した治療を行い、特に麻酔に気を配っています。

麻酔注射の針が刺さる痛みを少なくするために、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用。歯ぐきにあらかじめ麻酔をかけて、注射を打ったときの痛みを軽くします。

また、注射針もなるべく細いものを採用。注射針が細いほど、痛みが軽減されます。

さらに配慮しているのが、麻酔液を注入する速度です。いきなり注射で注入することなく、痛みや刺激を少なくするために、できるだけ一定の速度を保ち、丁寧に注入するようにしています。

キーンという不快な音も軽減します

通常、歯を削るときには、タービンという高速回転する機械を使用します。これが、削るときの独特の音を発しているのですが、この音が苦手という患者さまは多いでしょう。

しかし、当院では5倍速のコントラという機器を使用。タービンよりもゆっくりと回転するため、歯を削る際のキーンという不快な音を軽減できます。

また、高速回転で歯を削ると、熱が発生し、削るときの痛みの一因となります。5倍速のコントラでゆっくり削ることによって熱の発生が抑えられ、痛みの軽減につながります。

患者さまの気持ちに寄り添った治療を行っていますので、今まで痛みが怖くて歯医者に足を運べなかった方も、安心してお越しください。

なるべく削らず、歯を長持ちさせる治療

当院では、虫歯に侵されていない健康な歯の部分をなるべく削らず、虫歯の部分だけを削る「MI治療(ミニマルインターベンション)」に取り組んでいます。なぜなら、歯は削るほど脆くなってしまい、再び虫歯になる可能性が高くなるためです。

当院のMI治療では、う蝕検知液、拡大鏡(歯科用ルーペ)、極細のバー(歯を削る道具)を使用し、歯を長持ちさせる工夫をしています。

う蝕検知液とは、虫歯に侵された部分だけを識別できる薬です。まず、この薬を使って虫歯の箇所に色をつけて明確にし、拡大鏡で患部を拡大して確認します。そしてMI治療用の極細のバーを使って、少しずつ丁寧に削っていきます。そうすることで、歯の削り過ぎを防いでいます。

「虫歯の部分だけを削る」ことを徹底して、患者さまの歯を長持ちさせるようにしています。

「恐怖の歯科治療サイクル」から抜け出すために

虫歯や歯周病が再発して、治療を数年ごとに繰り返すことが原因で歯を失うことを「恐怖の歯科治療サイクル」と呼んでいます。当院では、患者さまの過去から現在に至るまでのお口の中の変化を見極め、個人個人で異なる疾患の根本原因を除去することで「恐怖の歯科治療サイクル」から抜け出すためのお手伝いをしています。

恐怖の治療サイクル
  1. 初診でいきなり治療するため、精度の低い詰め物
  2. 数年後、合わない詰め物の隙間から菌が入り込み、さらに大きく削る治療
  3. さらに深くまで虫歯になり、神経を取って被せる治療
  4. 被せ物の隙間から虫歯になり、被せ物を取って再度の根っこの治療
  5. 根っこの治療の繰り返しで、歯が弱くなり抜歯へ

治療した歯は元に戻ったわけでなく、一生リハビリの器具をつけているようなものです。治療の回数を重ねれば重ねるほど歯の寿命が縮まり、同じ歯の治療を5回ほど繰り返すと抜歯に至り、歯を失います。

将来、歯を失わないためには健康な歯を「恐怖の歯科治療サイクル」に入れないこと、すでにサイクルに入ってしまった歯は、虫歯の大小にかかわらず、そのとき可能な最善の治療で、次の段階に進まないようにすることが大切です。目先の治療だけを求めるのではなく、根本の原因を除去することが重要です。

治療法や治療に使う材料に制限のある現在の保険治療の場合、合わない詰め物の隙間に細菌が入り込むことで起こる虫歯の再発、金属アレルギーや見た目の問題など、予期せぬトラブルが起こりやすくなります。この結果、頑張って治療を受けても「恐怖の歯科治療サイクル」が急速に回り出し、救えたはずの歯や歯の神経が失われているのが現実です。

このことを考え、少しでも長く歯を長持ちさせるために、お口の状態に合わせて適切な治療を行うことが大切です。虫歯や歯周病のリスクを十分に把握し、一度治療した歯は二度と治療しなくていいようにすることが重要なのです。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。カウンセリングにて、患者様に最もふさわしい治療法、材料を複数提示し、患者様にとって一番良い方法ですすめていきます。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないためには、当院の予防プログラムに沿って、メインテナンスを受けて頂く必要があります。